Rabdology’s blog

衒学趣味と異常性癖をこじらせた者 オナニーも同然なので、そこはご了承願いたい

これについてもあまりわからない。

高橋洋樹 - 魔訶不思議アドベンチャー! 

 

今回のお題は「筋斗雲」に関する物。

此処から先をご覧になるのであれば、下線文をちゃんと読んで頂いてから、本文へと読み進めて欲しい。

これについては、しょうもない考察及び推論である。時間が無い人がいるならばこれを読むのはおすすめしない。「非常に」と強調するほどの時間の無駄である。

 

今回のお題については「筋斗雲」である。

さて、ここで疑問を1つ投げかけよう。「筋斗雲は機械なのか、それとも生物なのか」という問だ。

勿論、ドラゴンボールはファンタジィだし、それにリアリティを求めるのは無粋かもしれない。(これが時間の無駄と言える要因なのだが)

ドラゴンボールを知っている人は一度くらい高橋洋樹氏の「魔訶不思議アドベンチャー! 」を聞いたことはあるだろう。その歌詞に「雲のマシンで今日も飛ぶのさ」という一文がある。ここで疑問点が浮かぶのである。

「雲の”マシン”」…?

マシンとは一般的に、カラクリや機械仕掛けの物を指すと思う。というより著者はそう思っている。

まぁ、この時点で「筋斗雲は機械なのか、生物なのか」という疑問に決着がついている。結論は「機械である。」に収束するであろう。

ではこの筋斗雲のスペックは如何なものか。

特定の人物の声に反応し、邪心について分析し、振り落とす。邪心が無ければ登場者の思考から操作を決定する。

謂わばSiri機能付空飛ぶセグウェイと言ったところであろうか。

さて、話の落とし所が見つからない上に、次の話題すら浮かんでこない。ここで筋斗雲に設定されているアルゴリズムでも解説、考察したら面白いのだろうが私は興味が尽きた。またの機会に、この点に触れるか、他の人がブログの話題として使ってくれ。

 

次回の更新は話題、課題、議題が浮かんだら個人的に思考、考察しブログに示し更新することであろう。

ここまで時間の無駄に付き合ってくれてありがとう。

ブログのお題等について提供してくれるなればベロイさんのお題箱に記載してくれると嬉しい。

次回のお題及び更新については未定だ。今後共よろしく頼む。

これがよくわからない。

McCoy Tyner - Mellow Minor

 

今回のお題は「経血ゼリー及び胎盤ステーキ」に関する物。

此処から先をご覧になるのであれば、下線文をちゃんと読んで頂いてから、本文へと読み進めて欲しい。

当たり前の話だが、この話は現実の”生物の人”としての基本に基づいたフィクションにのみ発揮するのであって、現実ではこんな事を考えたりはしない。現実からフィクションへの干渉、その表現の1つであるという事を前提として見ていただきたい。そして、この筆者の文にはモラルが無い。なぜならば人の自由意思の決定権はソレに縛られてはいけないからと思っているからである。勿論、現実面においてモラルを発揮するが、この場とフィクションへの干渉のみではモラルが発揮しないことをご了承願いたい。

 

 前回書いた「素晴らしくモラルがない」に記載した経血ゼリー、それに加え「胎盤ステーキ」についてだ。そもそもこの二点はほとんどオマケに等しい。

 

ここで私の言いたい、書きたい事は「なぜサイコパス呼ばわりされなきゃいけないのか」だ。

勿論、経血ゼリーも胎盤ステーキも馴染みがないし、「眼鏡」や「黒髪」や「ニーソ」等の性癖とは違い、ディープなものになるのはわかる。しかし、人に危害を加えてないのに、それをサイコパス呼ばわりするのはいかがだろうか。

経血ゼリーも胎盤ステーキも所詮、体の「老廃物」「廃棄物」にすぎないのだ。謂わば昔に使われた緑の着色料(蚕の糞)なり、貝から得られる真珠(真珠は食べ物ではないが)のようなものだ。

つまり「生きるために捨てられる副産物」にすぎない。

なぜ、生きるために捨てられる副産物を摂取もしくは得ようとするだけでサイコパス呼ばわりされるのか、私には良くわからない。

もしかしたら、「老廃物」は「老廃物」として扱うべきと認識しているのだろうか。はたまた、その物を物として利用せよということなのか。どちらにせよ、真相は発言者の意図の中にある。

勿論、「◯◯の太ももを刺し身にしてポン酢につけて食べたい」となれば、サイコパス呼ばわりされても然るべき反応であろう。なぜならば、太ももは老廃物、副産物ではない。副産物であっても、取れば再生はしないし、行動に支障を来たすものである。

 これについては認めざる負えないということになる。

 

結論を言うなれば、「前者の『経血ゼリー及び胎盤ステーキ』についてのサイコパス呼ばわりの意図は未だ理解らず。」ということだ。

ちなみに、日本には出産後、胎盤を食べる習慣のある地域があるらしい。実際に食してみたいが、なにせ妻となる人が居ない。困ったものだ。

 

次回作は国民的作品とも呼べる「ドラゴンボール」に登場する筋斗雲についてのしょうもない考察となる。

更新は不定期となるが、今後共よろしく願いたい。

素晴らしくモラルがない。

Donald Byrd - Cute

 

今回のお題は「経血ゼリー」に関する物。

此処から先をご覧になるのであれば、下線文をちゃんと読んで頂いてから、本文へと読み進めて欲しい。

当たり前の話だが、この話は現実の”生物の人”としての基本に基づいたフィクションにのみ発揮するのであって、現実ではこんな事を考えたりはしない。現実からフィクションへの干渉、その表現の1つであるという事を前提として見ていただきたい。そして、この筆者の文にはモラルが無い。なぜならば人の自由意思の決定権はソレに縛られてはいけないからと思っているからである。勿論、現実面においてモラルを発揮するが、この場とフィクションへの干渉のみではモラルが発揮しないことをご了承願いたい。

 

 

私を数年前から知ってる人は知っているだろうが、大雑把に概要を説明しよう。

経血ゼリーとは、月経時に出る経血がゲル状、もしくはレバー状になってでてきた物を指す。

 

この概要を聞いたところで「これの何がいいの?」「人の臓器から排出されるを異物をゼリーと呼ぶなんて汚らしい」と思うであろう。

しかし、そこに魅力があるのである。

子宮は生命の誕生の場であり、神秘の臓器である。経血ゼリーとはその臓器から排出される。

これ即ち神秘の賜物なりて

子宮とは、その個人の臓器であり、それが子孫に反映されるため、他の臓器よりも色濃いように思うる。これが重要なのである。

その個人の特徴がはっきり現れた場所から排出されたゲル状の物質は、その個人を象徴するかの如し、これ以上無いその個人の魅力そのものである。勿論、母乳や唾液、排泄物もその個人を色濃く現せるものかもしれない。しかし、何度も言うように子宮は新たな生命を産む場であるからして、毛並みが違うのである。

故に経血ゼリーは魅力的であると言える。

勿論、この経血ゼリーは誰でもいいというわけではない。想い人だからこそ価値が一気に増すのである。これは所謂「ジャニーズアイドルが水飲んだコップ」「ライブ後の汗塗れのシャツ」「好きな異性が自慰した時に使った下着」に類するものである。

眼鏡、ニーソ、タイツ等、性癖は多種あり、多様性もある。勿論、これも例外ではない。

勿論、私のこの性癖はフィクションにのみ発揮されるものであり、ノンフィクションでは何ら魅力もない。

 

この題に関する何らかの疑問は答えられるが、今個人的に特筆すべき点はこれ以上特に無い。

 

次回作は何らかのアニメ・ゲーム・性癖のどれかについての考察となる。

更新は不定期となるが、今後共よろしく願いたい。